テスト

トップページ専門の表示ができるのか?

2016y06m21d_202141201.jpg

線画研究結果

前回の更新で、「手前にあるものの線を太くすることで遠近感が出せるんじゃないか?」と思ったけど。
本当にそれだけか?
例えば、逆に奥の物を太くすることで距離感に関係無い存在感を出してみたり。
強調したい部分だけ太くしてみたり。
よし、試しにやってみよう。

何度も短時間で描けて、効果がわかりやすいシンプルな物が最適。ということで、こいつの出番。
繝上Φ繝峨け繝ュ繝・け1
落書きから生まれ、未だに名前も設定もなんもない謎物体。
何者なのか、名前は、機械なのか、スタンド的なものなのか、マスコットなのか、きぐるみなのかその一切が決まっていなかった。
この際、名前だけは決めてやろう。
手(hand)の生えた砂時計(sandclock)に見えるからハンドクロック(handclock)でいいや。
と決めてから調べてみると「clock とは「鈴」という意味の clacca (ラテン語・アイルランド語)から来ており砂時計は鈴が鳴らないのでsandglassと言う」と知ったけど。まぁいいか。たまには俺が法じゃい


前置きが長くなってしまったから追記に書こう。(追記ボタンが小さくてボタンみづらいけど、[More...]ね。)
「つづきはこっち!」みたいな画像描いてHTMLだかをいじれば見やすくなるかな?
関連記事

普段は二次創作はあまりしないけど。

振り返ると、二次創作をする頻度が他の絵を描く人に比べてからに低い気がする。
理由は簡単で、愛している対象ほど描いたときに「このざまであのキャラの魅力が表現できてるとは片腹痛いわ」となってしまうから。
他の人が描いた物であればどんな出来でも許せるけど、自分が描くとなるとどうしても出来の拙さが目について歯がゆいので自分で描く事はあまり無い。その点モルちゃんは楽でイイネ!


さて、本題
またもちょこちょこお邪魔しているブログ様で「ビビッ!」と来る記事が書かれていた。
絵の線の太さの記事。
読んだ時に、太く掠れている筆で描いたような線が描きたくなって(少年漫画とかのエフェクトなどにある感じの)。
手前にあるものを太い筆で掠らせて描いて、奥にあるものを細い線でかけば遠近感が出せるのでは!と試して見たのがこちら。
スパイダーマン
(スパイダーマンの新作映画が8月11日に日本公開というメモも兼ねている。アイアンマンも出るよ!)

そもそも、大きさの対比で遠近感出せないと話にならないようだ。
そのためにはデッサンとか人体の比率とか学んで、遠近法を学んで更に自分用に改造する必要があるのか・・・。遠い。
スパイダーウェブももっとそれっぽく描きたいなぁ。


以下 rainbowcube さんへのコメントお返事
関連記事

歳をとったようだ

「歳を取ると時間の進みが早くなる」
とよく聞く。

その理由としては「5歳児にとっては一年は人生の5分の一だが、80歳にとっては80分の一」だとか「知っている事が増えて周囲への関心が下がり記憶に残りづらい」だとか「脳の老化」だとか「仕事に多くの時間を割くから」だとか色々あるようだ。


2,3日ブログ放置してしまったなぁ。と思って前回の更新を見てみたら一週間程前で驚愕したお話。
関連記事

意識の不思議。

映画を観ていた。
少女が見晴らしの良さげな昼下がりの林をゆっくりと歩いている。
表情のわからないアングルで、その後ゆっくりと歩を進める足元を写すカメラワーク。
これだけではスリルなんて微塵も無く、むしろほのぼのとした風景を想像するかもしれない。
だが、少女が歩いているのは地雷原だ。
そう知った上で見ると、一歩踏み出す度にハラハラしてしまう。
ましてやその少女は主人公でもなく物語の最後まで生き残る保証なんてどこにもないとくればなおさらだ。(物語途中で主人公が死ぬ作品だってあるけど)
その映画、『ケシ畑の小さな秘密』は他にも大変素晴らしい演出があるのだけど、それは割愛。その少女がどうなったかも秘密。
ともかく、なんてことのない風景や行動を切り取っていても『前後の流れ』や『その場の状況』次第で見る人にとって大きく印象が変わってしまう事に気がついた。

この発見をどうにか絵に活かせないだろうか

以下追記にて rainbowcube0503 さんへのコメントお返事
関連記事

完成!7000ヒット記念絵!!

遅くなりましたがやっとこさ出来上がりました!7000ヒットありがとうございました。これからもよろしくお願いします!

7記念絵
↑エフェクト有り
エフェ無し
↑エフェクト無し
触覚、エフェ無し
↑触覚無し
関連記事

ページジャンプGreenDisplayEdit.


Presented by Asondara Nakamada. hen Game

プロフィール

ワレモノ

Author:ワレモノ
「心がワレモノ」とかドヤ顔で言ってたけど、多くの人が同じような由来でHN使っていた。
我者、とかにしたほうがいいのかな。
アニメとか漫画とかゲームとかラノベとか小説とか。現実以外の物が好き。
テキトーに生きてテキトーに気の向くまま思いついた事を書いていくだけのブログですが、気が向いたら見てやってくだせぇ。

カテゴリ

タグリスト

最新記事

最新コメント

リンク

ブロとも一覧

カウンター

踊る大ガンノウズ

ブロとも申請フォーム

描いた絵達

上手い人が溢れかえっているpixivに上げるのは気後れするイラストも多いのでこっち見たほうが早い

pixiv2

間違えてこっちにうpしてしまったから、こっちに移転

pixiv

pixivに投稿した場合ここに表示されるようにする。うpしないかもしれない

Twitter

Twitter。更新するかは気分

ブログ村

ブログ村というのに参加してみた、詳しくはわからん。人気ブログランキング?

ブログラム

謎生物がキーワードを拾って保存してたりカウンターや時計機能があったり高性能

Copyright © ワレモノ